保証でデメリットも解決!

リサイクルトナーを使用する唯一のデメリットは、コピー機メーカーの保証を受けられない可能性があるという点ですが、これについては解決策がありますのでご安心ください。その解決策とは、リサイクルトナーに保証してもらうというものです。もしも不具合が起きてしまった場合、メーカーの保証を受けられなくても、その代わりにリサイクルトナー業者が修理費の保証をしてくれるのであれば、利用者側からしてみれば問題ありません。ただし、リサイクルトナー業者の保証には範囲が限られているというデメリットもあることは忘れてはなりません。メーカーの保証範囲は広く、コピー機のトラブルであればほとんど対応してくれることになりますが、リサイクルトナー業者の保証は、トナーカートリッジが原因で不具合が発生した場合に限られてしまいます。このような違いはあるものの、コピー機を大切に使用していればほとんど不具合は生じませんので、あまり気にすることもありません。

リサイクルトナーの販売業者は無数にありますが、トラブルの保証まで行っている業者となると限られてきます。業者選びをする上で、トナーの価格に目がいってしまいがちですが、保証についても着目すべきであると言えるでしょう。