保証と価格のバランスで選ぶべし

リサイクルトナー業者の保証内容は、業者によって異なります。保証範囲が品質のみに限定されている業者もありますし、リサイクルトナーが原因の不具合発生時における保証までしてくれている業者もあります。代表的な保証内容としては、品質保証とプリンタ保証、返金保証などが挙げられ、手厚い保証をしてくれる業者となると、数は限られてきますので、業者選びの段階で注意しておくことをおすすめします。

また、リサイクルトナー自体の価格についても度外視すべきではありません。そもそもリサイクルトナーはその安さが魅力なわけですので、純正品のトナーと比較して値段がどの程度安くなっているかを調査してみることは必須です。もちろんいくつものリサイクルトナー業者の価格を比較してみることも大切です。手厚い保証をしてくれる業者になると、その分トナーの価格にも影響を及ぼすことにつながりますので、保証と価格のバランスは必ずチェックして、利用する業者選びを進めていくと良いでしょう。どちらの業者を選ぼうか、迷ってしまったら、保証内容で決めてみるのもアリです。保証内容と価格は業者選びの上で大きなポイントになります。ぜひ保証内容も参考にして、良い業者を選んでみてください。


ue reading »',

保証でデメリットも解決!

リサイクルトナーを使用する唯一のデメリットは、コピー機メーカーの保証を受けられない可能性があるという点ですが、これについては解決策がありますのでご安心ください。その解決策とは、リサイクルトナーに保証してもらうというものです。もしも不具合が起きてしまった場合、メーカーの保証を受けられなくても、その代わりにリサイクルトナー業者が修理費の保証をしてくれるのであれば、利用者側からしてみれば問題ありません。ただし、リサイクルトナー業者の保証には範囲が限られているというデメリットもあることは忘れてはなりません。メーカーの保証範囲は広く、コピー機のトラブルであればほとんど対応してくれることになりますが、リサイクルトナー業者の保証は、トナーカートリッジが原因で不具合が発生した場合に限られてしまいます。このような違いはあるものの、コピー機を大切に使用していればほとんど不具合は生じませんので、あまり気にすることもありません。

リサイクルトナーの販売業者は無数にありますが、トラブルの保証まで行っている業者となると限られてきます。業者選びをする上で、トナーの価格に目がいってしまいがちですが、保証についても着目すべきであると言えるでしょう。


ue reading »',

リサイクルトナーのデメリットは?

リサイクルトナーを使用するメリットはなんと言ってもコストパフォーマンスの良さにあります。純正のトナーを使用するのと、リサイクルトナーを使用するのとでは、価格に2倍以上の差が出ることになりますので、コストを抑えたいならば、断然リサイクルトナーがおすすめです。1年間に何度トナーを補充するかはコピー機の使用頻度によって異なりますが、頻度が高ければ高いほど、リサイクルトナーを使用した方がお得だと言えます。1度の補充で数万円単位節約できるわけですから、年間にしてみたら数十万円もの節約へとつながり、経費を削減する上でとても効果的と言わざるを得ません。

しかし、一方でデメリットがあることも事実です。それは、もしもコピー機にインクのつまりなどの不具合が発生した場合、コピー機メーカーから保証を受けられない可能性があるという点です。純正のトナーを使用していて、それで故障してしまった場合にはメーカー側が、修理やコピー機の取り換えに応じてくれますが、説明通りの使用方法に則っていない場合には、保証の対象外とされているため、もしものことを考えると、どうしてもトナーは純正品を使わざるを得ないと考えている方も少なくありません。


ue reading »',

リサイクルトナーでコスト削減!

突然ですが、世界で最も高い液体は何かご存知でしょうか。答えはサソリの毒です。気になるお値段はなんと、1リットルで11億円もします。サソリの毒は血清を作るために必要なものです。それにも関わらず、サソリ一匹から取れる毒はごく少量、何十万匹ものサソリから毒を摘出しなければ、一度にたくさんの量を得ることができないため、非常に高い値段で取り引きされているのです。さて、それでは他の液体で値段が高いものには、どのような物があるのかというと、キングコブラの毒や幻覚剤などが上位にランクインしており、手に入りにくい物が多いという特徴があることが分かります。人間の血液は第10位、1リットルで4万5千円もの値段で取り引きされています。ランキングを見てみる項目を1つ発見。それは、第8位に、なんと黒インクがランクインしているということです。値段はなんと1リットルあたり約8万円。そうなんです、なんと黒インクは人間の血液よりも高いんです。

インクはビジネス現場以外にも、普通に生活していたら欠かせないものですよ。書類を作成しても、書面に表すためにはインクが必要です。更に、消費するものですので何度も補充しなければならない。この難点があるからこそ、プリンタ本体は安く提供して、インクで利益を出すという現在のビジネスモデルの構図ができあがっています。大型の印刷機のためのトナーは1度の補充で数万円かかってしまうものですが、これは非常に高い。純正トナーを使用するならば、リサイクルトナーを使用した方が、はるかに低コストで済みますので、ぜひ使用を考えてみることをおすすめします。


ue reading »',